ピアノ

「音楽の才能を伸ばしたい」「将来ピアニストになってほしい!」という親の願いからピアノ教室に通う女の子は昔から多いですよね。学校に入ってから楽譜が読めたり、鍵盤が弾けることは非常に役立ちます。女の子には大人気のピアノ教室についてご説明いたしましょう。

 

ピアノ教室へ通うメリット

 

音楽を一生楽しむことができる

小さい頃から音楽に触れることで音感が育ちます。一度聞いた曲を楽譜なしですらすらと弾けたり、一生を通して音楽と楽しめる

 

度胸と集中力がつく

発表会で1年に1回くらいの割合で発表会があります。発表会の演奏前の練習や本番では、ここ一番の度胸と集中力を養うことができます。本番につよい精神的強さもピアノ発表会の場を踏むごとについてくるといわれています。

 

ピアノ教室の選び方

 

「楽しさ」を伝えるレッスン

ただ楽譜に忠実に弾くことだけのレッスンは努力と忍耐ばかりの厳しいものです。子供はそのようなレッスンを楽しいと思えるはずはないでしょう。子供の自由な感性や発想という才能も閉じ込めてしまいますしね。まずは、「楽しい」を伝えるのがよいレッスンです。好きになれば努力を自然にするようになるものですから。

 

ピアノ教師は人格者を選ぼう

ピアノ教師を選ぶ際は、才能はもちろんですが、人として優れた人を選びましょう。人として優れている先生は、素晴らしいピアノを弾きます。指導もただ厳しいだけじゃなく、人としてよい影響を与えてくれるでしょう。この先、何年間も通うピアノ教室。指導してくれる先生は慎重に選びたいものですよね。

 

集団レッスンか、個人レッスンかで選ぶ

 

≪集団レッスン≫

大手の代表的なところでヤマハ音楽教室、カワイ音楽教室があります。これらの幼児教室は基本的には集団レッスンです。集団レッスンはこれまで集団活動をしたことがないような幼稚園前のお子さんに向いています。協調性や集団生活を学ぶことができるからです。

 

月謝は個別レッスンよりも安くて4千円くらいから。一見、お得に感じますが、先生が一人ひとりきめ細やかにレッスンすることがどうしても難しいというデメリットもあるので、逆に割高になる場合もあります。

 

≪個別レッスン≫

個別レッスンは、じっとしていられる落着きのある子供さんに向いています。じっくりと一人ひとりに丁寧に教えてもらえるというメリットがありますが、月謝は集団レッスンよりも高いです。個別レッスンの先生探しで迷ったら人の噂で決めるのではなく、実際に先生を訪問してみて自分の目で判断してみることをおススメします。

 

個別か、集団か、月謝の金額の比較ではなく、自分の子供はどちらに向いているのか、そこで選ぶのかのほうが大切ですね。集団レッスンタイプか、個別レッスンタイプかです。習い事を決めるときは、あとで後悔しないよう、途中でやめることのないよう、じっくり時間をかけることが重要です。

 

 

≪ワンポイントアドバイス≫

 

●専門性を高めるなら幼児期から

 

ピアノでプロレベルになるには、幼児期からの訓練が必要です。音楽を趣味として考えるか、プロへの可能性も捨てずに進むか、どちらにしても早い子になると3歳くらいから始めることが多いようですね。

 

 

●ピアノ才能の見極め

 

3歳から始めると小学校低学年である程度才能がみえてきます。はじめは親の希望であっても、そのあとは子供の意志でそのまま続けるか辞めるか決めていきましょう。

関連記事

スポンサードリンク

習い事選びのキホン

始める前の心構え

教室の選び方

習い事Q&A

体力をつける【スポーツ系】

知力をつける【学習系】

感性を養う【音楽・芸術系】

日本の心を学ぶ【文化系】

その他の習い事

リンク集一覧

最新記事

 
子供を伸ばす!習い事選び講座【習い事.biz】 > 感性を養う【音楽・芸術系】 > ピアノ
Copyright  子供を伸ばす!習い事選び講座【習い事.biz】  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析