学習塾

最近では多くの子ども達が学習塾に通っているそうです。小学4年生頃から通い始め、小学6年生くらいでは約4割、中学生になると2人に1人が通うようになるそうです。

 

学習塾のタイプを知ろう

学習塾といっても内容によって2タイプに分けられているそうです。一つ目は、学力の補強を行う教室です。苦手な科目を克服して授業に追いつくことを目標にしています。学習方法がよく分らなかった子が勉強が分かるようになると勉強自体が楽しくなり、成績もグングンと上がっていくでしょう。

 

そしてもう一つは進学や受験に備えた教室です。進学塾とも呼ばれています。受験対策を主な目標として指導内容も受験に受かるような+αが含まれています。

 

学習塾の授業方法

授業方法も集団指導と個別指導の2タイプがあります。

 

集団指導とは、学校のような授業スタイル。決まった時間に授業を行います。周りからの刺激をもらうので勝気で賑やかなのが好きな子供に向いている。集中して取り組みたいという子には向いていない。授業スピードについていけなかったり、欠席してしまうと追いつくのに一苦労というデメリットもあります。

 

 

そして、もう一つの個別指導とは、先生1一人対生徒1人、というマンツーマンの授業スタイル。授業スタイルはその子に合わせて行う。疑問や質問があったときすぐに聞ける。講師が大学生のアルバイトであるパターンが多いので当たり外れが多いらしいです。授業料も集団指導より若干高めであるのも覚えておいてくださいね。

 

幼児から始められる学習教室

 

◆学研教室
http://www.889100.com/

 

すべての教科の基礎となる、国語と算数(数学)でしっかりした定着を図りるため、国語と算数(数学)の教科がセットになっている内容です。短時間に多くの問題数をこなしていくというよりは、「考える力」に重点をおいているため、文章題などに力をいれています。基礎の次に考える力ではなく、考える力こそ基礎であるという考え方の教室ので教え方も丁寧ですし、学校の授業がよく分るようになった、教材費が無料、家庭との連絡を大切にする、となかなか評価が高いようです。

 

◆スタッド学習教室
http://stad-gakusyu.jp/

 

スタッドでは学習を楽しくする大きなポイントとしてコンピュータ学習があります。基礎学力を積み重ねていくプリント学習だけでなく、ゲーム感覚の学習を取り入れながら反復練習などができるのが特徴です。

 

体験授業を活用してみよう!

学習塾や学習教室に通う前に、体験授業を活用してみましょう。そこで講師の指導力は大丈夫か、子どもは勉強についていけるか、子どもとその教室の相性はどうか、など実際に体験してみてください。ほとんどの学習塾(学習教室)は、無料か格安の料金で体験授業を実施しているはずです。気になる塾や教室が見つかったら、体験授業を実施しているかどうか、聞いてみるとよいでしょう。

 

 

学習塾選びのポイント

 

楽しくてきめ細やかな指導をしてくれる教室

小学生から学習教室に通うという子も増えてくるでしょう。幼少時期や小学生低学年のうちは「勉強は楽しいものだ」と思わせることが大切です。なので幼少時期や小学生低学年のうちは、一人ひとりきめ細やかに指導してくれる少人数制とみんなと楽しく勉強ができる大人数制をミックスさせた教室などがおススメですね。

 

学年や目的によって教室を乗り換える

学年や目的によって教室を乗り換えていくのもひとつの方法です。幼少時期は、学習の基礎をしっかりと教えてくれる教室で学習の土台を学び、受験期になったら進学系に秀でている教室へ移行していくのが賢い学習教室(塾)を利用するコツではないでしょうか。

 

学習塾を選ぶとき、どうしても「友だちが通っているから」という理由で選ぶことがありますが、それはまちがっています。わが子の学力をまずは親自身が見極めて、どのようなスタイルの学習塾が合っているか、考えてみましょう。そして、わが子に合った学習塾を選ぶことが大切ですね。

関連記事

スポンサードリンク

習い事選びのキホン

始める前の心構え

教室の選び方

習い事Q&A

体力をつける【スポーツ系】

知力をつける【学習系】

感性を養う【音楽・芸術系】

日本の心を学ぶ【文化系】

その他の習い事

リンク集一覧

最新記事

 
子供を伸ばす!習い事選び講座【習い事.biz】 > 知力をつける【学習系】 > 学習塾
Copyright  子供を伸ばす!習い事選び講座【習い事.biz】  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析