体操&新体操

「体育の授業で跳び箱や鉄棒が得意になった!」「新体操はレオタード姿もかわいらしくて発表会で踊る姿もステキ」という理由で満足度が高いのが、体操と新体操です。運動神経を発達させると人気の体操や新体操についてご説明しましょう。

 

体操&新体操の教室へ通うメリット

 

運動神経の基礎ができる

スポーツで周囲の人よりも一段と優れている子どもさんの中には、小さい頃に器械体操をしていたという声を聞きます。たとえば、ノルディック複合の荻原健司さん、レスリングの山本美憂さんなども小さいときは器械体操をしていたんですって! 有名スポーツ選手も小さい頃は習っていた運動神経の基礎をつくる上で体操は適しています。

 

体育の授業が楽しみになる!

跳び箱を何段跳べるか、鉄棒は逆上がりがいくつ続けてできるか、など小学校の授業で役立つレッスン内容が好評です。体育嫌いだった子も、跳び箱や鉄棒がレッスンを通してできるようになると体育の授業が楽しくなりますよ。

 

可愛らしい衣装とリズムが楽しい

新体操は基本雄体操を教えてくれるだけでなく、音楽に合わせてリズムをとったり、発表会で踊る衣装も可愛らしい。ただの体操よりも楽しめる要素がたっぷりあります。レオタード衣装に身を包み、ボールやリボンをつかってレッスン!見ている親も楽しめるのが新体操のいいところです。

 

 

体操&新体操の教室の選び方

 

子どもが「楽しめる」教室を選ぼう

もし、子どもさんが運動が苦手で体操教室に通わせようとするなら、まずは「子供が楽しめる」教室を選ぶことが大切です。スパルタ式のところに通ってしまうと運動嫌いを招いてしまうこともあるからです。「跳び箱を何段とべる」とか、競争があるとツラいですよね。運動が苦手な子のためにも、遊びを上手に取り入れながら運動ができる教室を選んだ方がいいでしょう。

 

 

≪ワンポイントアドバイス≫

 

子供に無理強いをさせないこと!

最初から、オリンピック選手にしたい、何らかのスポーツ選手にしたいという意味合いで始める親御さんもいます。しかし、これは向き不向きがあるので、親も無理じいをしないようにした方がいいでしょう。

 

 

現代のお子さんはどうしても運動不足になりがち。なので、体操や新体操は、体を動かすという意味でぜひおススメしたい習い事ですね。跳び箱や鉄棒などをすんなりとこなしていく子供の姿をみるのは親として嬉しいものです。とくに体に柔軟性のある幼稚園時代はスムーズに上達していくのでいい機会かも!

関連記事

スポンサードリンク

習い事選びのキホン

始める前の心構え

教室の選び方

習い事Q&A

体力をつける【スポーツ系】

知力をつける【学習系】

感性を養う【音楽・芸術系】

日本の心を学ぶ【文化系】

その他の習い事

リンク集一覧

最新記事

 
子供を伸ばす!習い事選び講座【習い事.biz】 > 体力をつける【スポーツ系】 > 体操& 新体操
Copyright  子供を伸ばす!習い事選び講座【習い事.biz】  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析