習い事を嫌がったときは?

習い事に行きたくない!と言ったとき、親はどのような対応をすればよいのでしょうか?

 

@何が原因なのかを観察してみる

まずは、何が原因で習い事に行きたくないのか、親の目でよく観察してみましょう。
先生や友だちとの関係はうまくいっているでしょうか?先生との相性が合わないケースもありますし、友だちとのトラブルが原因にあるのかもしれません。

 

また、教室がその子の性格に合っていなかったり、習い事自体が合っていないのかもしれません。習い事に通うのを嫌がるには理由があるはず。子供がその習い事を嫌がる理由を観察することからスタートです。

 

A勇気を与えながら提案してみよう

子供がやめたいと言ったからといって次々にやめていくのも考えもの。「いつもがんばっていて凄いよ!○○のレベルが上がるまでやってみようよ」とか「発表会までやってみてそれから一緒に考えるのもいいかもね。ママも応援しているよ」など 励ましながら提案してあげるといいかも!このときのポイントは、”続けるのを強制するのではなく勇気を与えながら”です。

 

もしかしたら、気持ちに変化があらわれるかも!その目標に達成したとき、もっと頑張りたいという向上心や意欲がわいてくるかも知れません。

 

 

A教室を変えてみるという方法もあり

習い事との相性に問題がないのであれば、その習い事は続けておいた方がいいでしょう。思いきって、教室を変えてみる、先生を変えてみるというのもいいかも!親だけで決めるのではなく、子供とのコミュニケーションを取りながらやっていきましょう。

 

 

それでも嫌がるようならば無理強いをしないことです。本当に辛そうなら、習い事をやめるのもしかたないことでしょう。ただし、やめる時は、子供に挫折感や敗北感を与えないようなやめ方をしたいものです。
(詳しくは ⇒ 「習い事やめるときの注意点」を参考に)

関連記事

スポンサードリンク

習い事選びのキホン

始める前の心構え

教室の選び方

習い事Q&A

体力をつける【スポーツ系】

知力をつける【学習系】

感性を養う【音楽・芸術系】

日本の心を学ぶ【文化系】

その他の習い事

リンク集一覧

最新記事

 
子供を伸ばす!習い事選び講座【習い事.biz】 > 習い事Q&A > 習い事を嫌がったときは?
Copyright  子供を伸ばす!習い事選び講座【習い事.biz】  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析