指導方針のチェック

習い事を選ぶときは、何を選ぶかも大事ですが、その教室の指導方針にも注目する必要があります。

これは、子供が長くその習い事を続けるうえでのポイントになるからです。

 

一流目指したスパルタ型? VS 楽しさ優先型?

子供 習い事たとえば、サッカーを習うとしましょう。

同じサッカーを習うにしても、一流プロを一人でも出したいと必死なサッカー教室と、
みんなでワイワイ楽しくやろうぜ!という方針のサッカー教室とでは、子供が受ける影響は違ってきます。

 

一流プロを出したい教室は、競争に闘志を燃やすタイプの子に向いていますし、
後者のみんなで仲良くをモットーにした教室に向いているのは、
競争には関心のないチームワークを大事にしている子に向いています。

 

集団指導 VS 個別指導

 

子供 習い事また、学習塾にしても同じこと。 集団指導と個別指導、どちらが合っているかは、その子の性格によって異なってきます。

集団指導であれば、仲間の存在がよい刺激となるでしょう。
ライバルがいて闘志を燃やすタイプの子供に向いていますね。
あと、みんなと仲良くワイワイと楽しみながら学びたいというお子さん向きでもあります。

 

逆に個別指導は、子供のペースに合わせやすいというメリットがあるため、ゆっくりじっくりと学習していきたいお子さんに向いています。
人前ではなかなか質問ができないタイプのお子さんも個別指導でしたら、先生に遠慮なく質問できるのでおススメですね。

 

 

このように同じ習い事の中でも教室によって指導方法が違ってきます。

何を習わせるかよりも指導方法のチェックが大事。

あなたのお子さんに合った指導を行っている教室に通わせることがお子さんの成長にもつながりますよ。

 

※参考資料『子どもを伸ばす習い事、つぶす習い事』

関連記事

スポンサードリンク

習い事選びのキホン

始める前の心構え

教室の選び方

習い事Q&A

体力をつける【スポーツ系】

知力をつける【学習系】

感性を養う【音楽・芸術系】

日本の心を学ぶ【文化系】

その他の習い事

リンク集一覧

最新記事

 
子供を伸ばす!習い事選び講座【習い事.biz】 > 教室の選び方 > 指導方針のチェック
Copyright  子供を伸ばす!習い事選び講座【習い事.biz】  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析