予算も考えておこう

子供 習い事子どもの習い事にはかならず月謝がかかります。

家計に負担がかかってしまうと習い事を続けることができなくなるので、
月にどれくらいの月謝がかかるのか、

しっかりとリサーチしてから習い事を選ぶようにしましょう。

 

収入と予算を考える

 

子供 習い事習い事にかける予算を考えるとき、世帯収入の額がポイントになってきます。 世帯収入が少なければ、習い事にそれほどのお金はかけられません。

逆に、世帯収入が多くなれば習い事に十分な費用をかけることができます。
(習い事をいくつもかけもちしても家計に負担がかからないので)
『子どもをのばす習い事、つぶす習い事』のアンケート結果によると「世帯年収別・習い事にかけている金額』(子ども一人あたりの月謝)は以下のようになります。

 

≪世帯年収別・習い事にかけている金額≫

 

200万以下...5000円

 

200〜300万以下...5800円

 

300〜400万円...8000円

 

400〜500万円...9200円

 

500〜600万円...8900円

 

600〜700万...10300万

 

700〜800万...20000円

 

 

この結果から見てわかることは、『世帯年収と習い事にかける金額は比例している』ということです。

世帯収入に見合った教室を選べば、家計負担に無理がかからないので家庭の都合でやめさせてしまうことを防げることも…。
予算を考えながら習い事を選ぶことを忘れないようにしてくださいね。

 

想定外の費用も頭にいれておこう!

子供 習い事ただし、習い事にかかるお金は月謝だけではないケースもあるもあるので気をつけてくださいね。

たとえば、ピアノやバレエを習うのであれば、家で練習するためのピアノやバレエならレオタードやトゥーシューズなど道具や衣装を購入しなくてはなりません。

いわゆる初期費用です。

また、年に1回くらい発表会があります。

その発表会には月謝とは別に衣装代や会場費などのお金が必要になってきます。

また、サッカーや水泳などのスポーツ系にも大会があり、その大会にも費用が必要な場合があるとのこと。
習い事に必要なお金は毎月かかるレッスン料だけではない、ということを頭に入れておいてくださいね。

 

子どもの習い事に不安や悩みがでるとしたら、まずはお金の問題です。
習い事を長く続けるためにも習い事の月謝やそれにかかる費用に負担がかかり過ぎないか、長い目をみて考えることが必要ですよね。

関連記事

スポンサードリンク

習い事選びのキホン

始める前の心構え

教室の選び方

習い事Q&A

体力をつける【スポーツ系】

知力をつける【学習系】

感性を養う【音楽・芸術系】

日本の心を学ぶ【文化系】

その他の習い事

リンク集一覧

最新記事

 
子供を伸ばす!習い事選び講座【習い事.biz】 > 始める前の心構え > 予算も考えておこう
Copyright  子供を伸ばす!習い事選び講座【習い事.biz】  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析