習い事の良い選び方、悪い選び方

子供の習い事子どもの習い事はどのように選んだ方がいいのでしょうか。

親が勝手に選んだ方がいいのか、それとも子どもに習い事を選ばせた方がいいのか、それ以外に何かよい方法があるのでしょうか?

実は、習い事の選び方をまちがえるとせっかくの習い事が嫌いになってしまう、逆効果になってしまうことも!

 習い事の良い選び方、悪い選び方について学んでいきましょう。

 

まずは、悪い習い事の選び方から考えてみましょう。

 

悪い習い事の選び方

子供の習い事 習い事の選び方でおススメできないのが親がすべて主体になって決めていくやり方です。

親が習い事も教室もすべて決定するやり方は、子どもを習い事嫌いにさせてしまうようなもの。
子どもを無視して習い事を決めてしまうのは、挫折を作ってしまう原因となるので気をつけてください。

 

たとえば、「うちの子を将来ピアニストにさせたいの」と考えていたとします。
しかし、その女の子は、運動の方に興味のある活発な女の子でした。
なので、じっとコツコツと練習を重ねながら上達していく音楽系はまったく興味なし。
音楽センスもないので、習い事のある日時がとても苦痛なものになるでしょうね。

 

そして、「男の子だからサッカーを習わせたい」と考えたとします。
でも、その男の子は運動よりも文化系のタイプでした。
サッカーなど運動系はもともと得意ジャンルではないので、なかなか上達しません。
できないのでイライラします。厳しい指導についていけず、レッスンは楽しくありません。

 

 

せっかくお金と労力を使っているのにこれでは成長しませんよね。
しかも、いやいや無理強いさせて通わせることになるので、その習い事が苦痛になります。
「二度としたくない!」という拒否反応や「僕は(わたしは)できなかった」という苦手意識をもってしまう恐れもあるでしょう。
これでは習い事は続かないのも仕方ないですよね。

 

良い習い事の選び方

 

子供の習い事良い習い事の選び方は、子どもの性格をよく考えて選ぶことです。

まず、自分の子どもはどんなタイプなのか、そこをしっかりと把握しておきましょう。
ふだんの子どもの様子をよく思い出してください。
お絵かきが好きだったり、音楽が好きで口ずさんでいたり、体を動かすのが好きだったり、ボールでキャッチボールが好きだったり、自分の子供がいつも興味を持って遊んでいること、得意なことを思い出してみましょう。

 

うちの子はどんなことが好きだろう? 性格はどんなタイプだろう?

 

⇒「運動よりも文化系が合っているみたい」

 

⇒「文化系の中にもいろいろあるけど音楽よりも絵画が好きそうだな」

 

という風にです。

 

 

そして、子供と一緒によく考えてみることもポイントです。

「どんなものがしたい?何かやってみる?」と聞いてみるのもいいかもしれません。
そして、合いそうなものが見つかったら早速、無料体験に足を運んでみてはいかがでしょうか。
子どもの性格に合っているものであれば、習い事の上達は早いですし、楽しんで通うことができるでしょう。

 

 

その子に合った習い事を選ぼう!

 

子供の習い事習い事選びで一番大切なのは、”その子に合った習い事かどうか”の見極めです。

「うちの子はこれをさせたいから」とか「男の子だからサッカーや水泳を習わせておかないと!」とか「女の子だから、ピアノやバレエがいいわ」と勝手な思い込みは捨てて、まずは、自分の子供は何に興味があるのだろうか、ここを知ることがとても大切ですね。

 

子供が上達するには、「好きなことをやらせる」これにつきます。

親が「これがいい!」と思った習い事が必ずしも子どもに適しているとは限らないということを最初に覚えておきましょう。

関連記事

スポンサードリンク

習い事選びのキホン

始める前の心構え

教室の選び方

習い事Q&A

体力をつける【スポーツ系】

知力をつける【学習系】

感性を養う【音楽・芸術系】

日本の心を学ぶ【文化系】

その他の習い事

リンク集一覧

最新記事

 
子供を伸ばす!習い事選び講座【習い事.biz】 > 習い事選びのキホン > 習い事の良い選び方、悪い選び方
Copyright  子供を伸ばす!習い事選び講座【習い事.biz】  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析